アンカー引張試験

主にあと施工アンカー施工後に行う品質検査です。

工事内容

アンカー引張試験は引張試験機を用いる静的引張、荷重確認検査です。
目視や打音による検査も重要です。アンカー施行後の試験および検査は、工事特記仕様書、施工計画書通りに施工が行われているか検査するものであります。
接着系アンカーは、接着剤の硬化に時間を要するので、硬化時間を考慮して所定の強度が発現してから試験を行います。弊社ではM6~M48、3分~7分、D10~D32までの引張試験を承っております。
報告書作成も一括で承っております。

報告書サンプル 詳しくはこちら

施工事例


  • M20引張試験状況

    ヒルティ社製

  • M48引張試験状況

  • 変位計測状況

  • 新設袖壁用アンカー引張試験状況

    千葉県某所

  • 岸壁工事での引張試験M36

    千葉県某漁港

よくあるご質問


見積もり期間はどれ位かかりますか?
約1日~2日程の期間を頂いております。

現地調査は可能か?
関東近県、無料でおこなっています。